ヤマハとスペイシーは3月29日~6月30日の期間、ヤマハミュージックリテイリングが運営する音楽教室の空き時間を、一般に向けて1時間単位で有料で貸し出す「音楽教室・防音室のシェアリングサービス」の共同トライアルを実施する。

今回の共同トライアルは、楽器が楽しめる場所と時間をより多く提供することを目的に実施する。対象は、東京、大阪、名古屋の24会場・約140部屋で、アコースティックピアノ、電子ピアノ、エレキギター、ウクレレ、チェロ、ドラムといった演奏が楽しめる部屋や、合唱など大人数でのアンサンブルに適した部屋など、さまざまな部屋を利用できる。

また、商業ビルなどの空きスペースにヤマハの防音室「アビテックス」を設置し、演奏が楽しめるスペースとして貸し出す「防音室のシェアリングサービス」のトライアルもあわせて実施する。

第1号は、5月1日に東京の新橋駅前ビル1号館6階のスペイシータイムシェアオフィス内に設置。室内には楽器やオーディオインターフェースなどを備え、SNS配信などにも適した多目的防音スペースとしても使える、個性的な防音スペースを目指す。

各部屋の予約・決済はスペイシーが運営する「スペイシーミュージック」で受け付ける。場所や日時、利用したい楽器などを入力して簡単に検索・予約可能。なお、どのタイプの部屋もトライアル中に、順次拡大予定。利用料金は会場、時間帯によって異なり、トライアル期間中はキャンペーン価格として1時間あたり500円から。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます