総合的な睡眠環境改善をコンサルティングを提供

東京西川(西川産業)は、「温度」「湿度」「照度」「音圧」など、寝室環境を測定し可視化する「寝室チェックシステム」を「ねむりの相談所」に導入、サービス強化を図っている。ねむりの相談所は、睡眠を科学的に解明しながら快眠のコンサルティングを行う事業で、全国の東京西川直営店、百貨店、寝具専門店などで2017年3月から展開。今回のサービスは、有楽町マルイ店、日本橋西川の2か所で4月から提供している。

寝室チェックシステムは、これまで可視化していた睡眠中の人体の状態だけでなく寝室環境に着目することで、それぞれの環境に適した快眠をアドバイスするなど、総合的な睡眠環境改善をコンサルティングできるシステム。富士通と東京西川で共同開発した。センサで採取したデータを活用し、研究機関の日本睡眠科学研究所が独自に定義した指標をもとに改善案を導き出す。

ねむりの相談所では、これまで活動量計によって日中の「運動量」や睡眠時の「姿勢」「寝返り回数」「時間」などを解析してアドバイスに取り組んでいた。寝室チェックシステムを加えることで、東京西川は顧客一人ひとりにきめ細かいコンサルティングと最適な寝具を勧める「サービス提供のパーソナライズ化」を、ねむりの相談所で実現していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事