NDN、住空間デザインの総合ポータルサイト「fevecasa」、ユーザーデータを活用した「Sumu診断」を提供

2014.1.7 15:54配信
「fevecasa」のロゴ

エヌ・ディ・エヌ(NDN)は、1月6日、住空間デザインの総合ポータルサイト「fevecasa(フェブカーサ)」をグランドオープンした。

建物写真のデザインテイストを数値化し、ユーザーが好きなデザインを直感で選んでいくことで個々の感性データをストックして、そのユーザーに合った住空間デザインを提案する「Sumu診断」を提供。診断によって、ユーザーは自分が漠然と感じていた好みの住空間デザインの傾向を把握でき、そのテイストを具現化する設計事務所を絞り込んでいくことができる。「Sumu診断」の結果は、SNS(ソーシャル・ネットワークキング・サービス)との連携で、知人や家族と共有することができる。

サイトの開設にあたっては、設計事務所から建築写真とノウハウの提供を受け、建築士の「プロのノウハウ」に特化する良質なコンテンツを集めた。このほか、ユーザーがサイト上で選んだ写真を集約して、フォトBOXとして無料送付する「feveアルバム」サービスを実施する。オンライン上の住空間デザインをオフラインまで展開し、家族で設計事務所の住空間を見る場面を増やすことによって、多くの人々がデザイン性の高い家創りをスタートするきっかけを提供している。

「feve」は、「そら豆」と「幸せを運ぶといわれる“ガレットデロワ”に入っている小さな人形(幸福の象徴)」という二つの意味をもち、「casa(家)」と合わせて設計事務所の豊富な豆知識でつくる「幸福な住宅」の意味を込めた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング