ニコン、DXフォーマット対応デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3300」、「ガイドモード」搭載のエントリモデル

2014.1.7 18:3配信
D3300

ニコンは、ニコンDXフォーマットに対応したエントリモデルのデジタル一眼レフカメラ「ニコン D3300」と、沈胴機構の採用によって小型化した標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRII」を、2月に発売する。

有効画素数2416万画素で、光学ローパスフィルターレス仕様のDXフォーマット(APS-C相当)CMOSセンサを搭載したデジタル一眼レフカメラ。処理能力を向上した新画像処理エンジン「EXPEED 4」で、高感度域の画質やノイズリダクション(NR)性能を大幅に向上した。

常用感度はISO100~12800で、最大ISO25600相当までの増感設定に対応。幅広い感度域でノイズを抑えた高精細な画像を撮影できる。

「EXPEED 4」の高速処理によって、連続撮影速度は毎秒最高約5コマ、JPEG形式で最大100コマの連続撮影を実現。運動会での撮影など、動きの速い被写体にも対応する。

撮影時に液晶モニタ上で画像を確認しながらカメラ本体で演出効果を選択・設定できる全13種類の「スペシャルエフェクトモード」や、撮影後の加工によって、絵画や漫画、映画のような演出効果を手軽に楽しめる全20種類の「画像編集機能」を備える。「スペシャルエフェクトモード」「画像編集機能」とも、静止画/動画、どちらの撮影時にも使用できる。

液晶モニタに表示する操作ガイドに従って操作するだけでイメージ通りの撮影ができる「ガイドモード」を搭載。一眼レフカメラを初めて使う人でも、撮影から画像再生、編集、各種設定などが簡単にできる。

ボディは、アルミニウムやマグネシウムに匹敵する強度、剛性を備えた炭素繊維を使用し、モノコック構造によって強度を高めた。さらに、内部構造の見直しによって、小型・軽量化を実現。光学ファインダーは視野率約95%、倍率約0.85倍の高視野率・高倍率でフレーミングしやすく、またファインダー内の情報表示や視覚的要素を把握しやすくしている。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、SDXC/SDHCカードはUHS-I規格に対応する。サイズは幅124.0×高さ98.0×奥行き75.5mmで、重さは約460g。カラーは、ブラック、レッドの2色。

価格はオープンで、実勢価格はボディ単体が6万5000円前後、標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRII」が付属する「D3300 18-55 VRIIレンズキット」が7万5000円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRII」と「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED」が付属する「D3300 ダブルズームキット」が10万5000円前後の見込み。

「D3300 18-55 VR IIレンズキット」や「D3300 ダブルズームキット」に付属する標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRII」は、単体でも販売する。焦点距離は18~55mmで、ニコンの一眼レフカメラ用レンズとして初めて沈胴機構を採用し、小型化を実現した。サイズは最大径66.0×長さ59.5mmで、重さは約195mm。フィルター径は52mm。税別価格は3万5000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング