タカラトミーアーツ、納豆をおいしくする「魯山人納豆鉢」

2014.1.7 20:43配信
「究極に美味しい納豆の作り方」を追求した『魯山人納豆鉢』

タカラトミーアーツは、手軽においしい納豆ができる納豆のコク製造マシン「食の極み『魯山人納豆鉢』」を2月6日に発売する。価格は税抜き2200円。

食通として知られる芸術家・北大路魯山人が提唱したといわれる「納豆を究極においしく食す方法」を、手軽に再現する納豆かき混ぜ器。外から納豆の混ざり具合がよく見える本体に納豆をセットして、ハンドルを回すと、倍速で納豆をかく拌する。

「納豆はかき混ぜるほどにうまくなる」という魯山人の教えをもとに、納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数を検証し、「魯山人モード」では、かき混ぜる回数を424回に設定。醤油を入れるベストのタイミング(305回)や完成のタイミング(424回、約1分30秒)で、本体のフタが自動で開く。できあがった納豆は大豆のコク(濃厚感)が強く感じられ、醤油が豆によく絡み、まろやかな味になるという。

「我流モード」に切り替えれば、無限にかき混ぜることもできる。今後、「おかめ納豆」などを販売する納豆最大手タカノフーズの全面協力の下、「魯山人納豆鉢」を使った独自の納豆レシピを紹介し、納豆のおいしさや魅力を伝えていく。

サイズは、幅120×高さ175×奥行き90mm。全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの玩具売り場などで販売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング