ニコン、きれいなボケ味を描くFXフォーマット対応の広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」

2014.1.8 11:42配信
AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

ニコンは、一眼レフカメラ用交換レンズの新製品として、ニコンFXフォーマット(35ミリフルサイズ)のデジタル一眼レフカメラに対応した広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」を、2月に発売する。税別価格は6万3000円。

焦点距離35mm(DXフォーマット一眼レフカメラに接続時は35mmフィルム換算で52.5mm相当)、開放F値1.8の広角単焦点で、携帯性にすぐれたニコンFXフォーマット対応レンズ。大口径単焦点レンズならではの明るいファインダーや、浅い被写界深度によるきれいなボケ味の描写が特徴だ。

すぐれた描写性能をもつEDレンズや非球面レンズを採用。サジタルコマフレア(点光源が画面の周辺部で鳥が翼を広げたような形になる収差)の発生を抑える点像の再現性に配慮した光学設計によって、高画素デジタル一眼レフカメラの特性を最大限に引き出すとともに、高精細の画像を得ることができる。

高速で静かな撮影ができる超音波モーター(SWM:Silent Wave Motor)を搭載。サイズは最大径72.0×長さ71.5mmで、重さは約305g。フィルター径は58mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング