Dr.コパの風水で"運のいい女"になる!

【第9回】新しい気が動く1月、「新たな自分に生まれ変わる」ための風水

人は環境に最も影響される動物です。そして、環境が変われば考え方が変わり、考え方が変わると性格や人格も変わります。ですから、幸せになりたいと願うのであれば、幸せになるための環境を作ることです。あなたの夢に近づくために風水でどんな環境を作り出せば良いのでしょうか 風水に詳しい方も、初心者の方も一緒にDr.コパの風水で「運のいい女」になる!ことについて勉強していきましょう。【毎週水曜更新】


新しい気が動くこの時期は、新たな自分になるチャンスのときです。なりたい自分像を明確にし、理想の自分になりましょう。

仲間を増やしたい

人間関係を豊かにするには、「さわやかな人間であることが大切」と風水ではいいます。さわやかな人が、人からも幸運からも好かれるのです。さわやかな風を受け、さわやかな太陽を浴びるのが一番。寒い時期ですが、ときには外に出て風や太陽の光を感じましょう。香りも大切です。とくに今年は香りにのって幸運がやってくるので香りをつけたり、部屋によい香りを漂わせるといいですね。

「とても楽しかった」と思い出に残るような旅行先で、お土産にコロンを買ってきてつけるのもいいでしょう。花柄も人間関係によいパワーがあります。

人の第一印象は、まず外見で決まります。

おとなしい印象を与えている人は、黒やダーク調の色合いの服が多いのではないでしょうか。人間関係を広げて楽しく過ごしたければピンクやゴールド、キャメル、花柄を取り入れること。この色の服や小物を身につけるのに抵抗があるなら、下着に取り入れたり、カバンの中に入れる小物などにつかい、誘われる人になってください。

人気者になりたい

人に好かれたい、人気者になりたいのなら、人に気を遣い、気を利かせるようにしましょう。

人に気を遣う行動は、時間と心にゆとりがあるからできること。まず朝は朝らしい雰囲気で「おはようございます」。昼は昼らしい気持ちで「こんにちは」。夜は「こんばんは」「お疲れさま」という言葉を口にしましょう。

当たり前のようですが、この一言で心にゆとりが生まれます。気の利く女になる前にまず、このさわやかな挨拶ができるようになってください。もちろん、「ありがとうございました」、「さようなら」、「ごくろうさま」などの一言も大切。言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉には心があり、魂が宿っています。縁起のよい、すてきな言葉にはよい心が宿っています。

言ってはいけないことはグチや悪口。しかしよい言葉を口にしていると自然と縁起のよくないグチや悪口が口をついて出ることは少なくなります。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング