気になる男性との距離を縮めたい!そんなとき、ふいに彼が「なんか美味しいもの食べたい!」と口にしたら、あなたならどうしますか?

今回は、そんな何気ない言葉を恋のチャンスに変えてしまう、魔法のリアクションをご紹介していきます!

「そういえば、すごく美味しいって評判の行ってみたいお店があるんです。今からどうですか?」

知り合ったばかりだったり、まだそれほどお互いを知らない関係の場合にオススメのセリフです。

あからさまに好意を表現するわけではなく、けれども言われた相手は確実に今後の展開を期待してしまう、そんなバランスが絶妙と言えるでしょう。

更には、残念ながら相手にとってあなたが恋愛対象外の人物であった場合、遠慮なく断れるセリフであることも重要なポイント。

仮に、本当にそのときは都合がつかなかったとしても、少しでもあなたに興味をもっているのであれば、その場で別日の提案をしてきたり、後日改めて連絡をしてきたりといった、なんらかのリアクションが期待できるでしょう。

万が一それすらなかったとしても、浅い傷で済むぶん、次の恋へと進むスピードも速まりますよ!

「私、意外と料理できるんですけど、食べてくれる相手がいなくて。良かったら食べてみてくれませんか?」

女子力高めのあなたにオススメなのがこのセリフ! 女性に手料理を食べてほしいと言われたら、大抵の男性は喜んでOKしてくれることでしょう。

なにより、この返しの大きなメリットは、かなりの確率で相手を自宅に招くことができるということ。

たとえその時点でまだまだ他人行儀のふたりだったとしても、一気に心の距離を縮めることができるでしょう。

場合によっては、その場でお付き合いがスタートしてしまうなんてことも期待できるかもしれません。

とはいえ、その場合、相手が信頼できる常識人であることが大前提。

SNSで知り合ったリアルでは素性の定かでない相手や、共通の友人がひとりもいないような相手に対しては避けたほうが良さそうです。

「美味しいものって、たとえばどんな? 私も食べたくなっちゃったんで、責任取って連れてってください」

確信があるわけではないけれど、彼も私に気があるはず。そんなときに使ってほしいのがこのセリフ。

ほのかに小悪魔風味の強引さで、油断していた彼の心をドキドキさせることができるはず。

このセリフには、暗に“ごちそうしてください”という意味が含まれるので、目上や年上の男性限定での使用がオススメです。勘の良い男性であれば、こう言われた時点であなたの好意を察するはず。

あなたに好意をもっているのなら、二つ返事でOKしてくれることでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます