英国アカデミー賞、ノミネーションが発表に

2014.1.9 15:14配信
『アメリカン・ハッスル』 (C)2013CTMG

英国アカデミー賞(BAFTA)のノミネーションが発表された。作品部門の候補に上がったのは、『ゼロ・グラビティ』、『それでも夜は明ける』、『キャプテン・フィリップス』、『アメリカン・ハッスル』、『あなたを抱きしめる日まで』。

その他の情報

イギリス映画部門の候補は、『ゼロ・グラビティ』、『あなたを抱きしめる日まで』、『ラッシュ/プライドと友情』、『Mandela: Long Walk to Freedom』、『ウォルト・ディズニーの約束』、『The Selfish Giant』。

監督部門は、スティーブ・マックイーン(『それでも夜は明ける』)、ポール・グリーングラス(『キャプテン・フィリップス』)、デビッド・O・ラッセル(『アメリカン・ハッスル』)、アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』)、マーティン・スコセッシ(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)。主演男優部門は、ブルース・ダーン(『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』)、キウェテル・イジョフォー(『それでも夜は明ける』)、クリスチャン・ベール(『アメリカン・ハッスル』)、レオナルド・ディカプリオ(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)、トム・ハンクス(『キャプテン・フィリップス』)。主演女優部門は、ケイト・ブランシェット(『ブルージャスミン』)、エイミー・アダムス(『アメリカン・ハッスル』)、エマ・トンプソン(『ウォルト・ディズニーの約束』)、ジュディ・デンチ(『あなたを抱きしめる日まで』)、サンドラ・ブロック(『ゼロ・グラビティ』)。

助演男優部門は、バーカッド・アブディ(『キャプテン・フィリップス』)、ブラッドリー・クーパー(『アメリカン・ハッスル』)、ダニエル・ブリュール(『ラッシュ/プライドと友情』)、マット・デイモン(『恋するリベラーチェ』)、マイケル・ファスベンダー(『それでも夜は明ける』)。助演女優部門は、ジェニファー・ローレンス(『アメリカン・ハッスル』)、ジュリア・ロバーツ(『8月の家族たち』)、ルピタ・ニョンゴ(『それでも夜は明ける』)、サリー・ホーキンス(『ブルージャスミン』)、オプラ・ウィンフリー(『大統領の執事の涙』)。授賞式は2月16日(現地時間)に行われる。

『ゼロ・グラビティ』
公開中

『それでも夜は明ける』
3月7日(金)公開

『キャプテン・フィリップス』
公開中

『アメリカン・ハッスル』
1月31日(金)公開

『あなたを抱きしめる日まで』
3月15日(土)公開

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング