三菱電機、ブランドロゴを国内・海外で統一、「赤のスリーダイヤ」へ

2014.1.9 22:27配信
国内・海外 統一ブランドロゴ(現在、海外で使用しているブランドロゴ)

三菱電機は、1月9日、ブランドロゴを国内外で統一し、2014年春から順次切り替えていくと発表した。

これまで国内・海外で使い分けてきたブランドロゴを、現在、海外で使用している「赤のスリーダイヤ(三菱マーク)」の横にアルファベット表記の社名(MITSUBISHI ELECTRIC)を添えたブランドロゴに統一する。ロゴを統一することで、国内外での三菱電機グループの一層の認知向上と、持続的成長に向けたグローバルでの事業競争力の強化に取り組む。

三菱電機は、1921年(大正10年)、三菱造船(現三菱重工)の電機製作所(神戸)を母体として誕生。2011年に創業90周年を迎えた。ウェブサイトのコンテンツ「三菱電機のブランドロゴの歴史」によると、1985年から、三菱グループ内での個性化を狙い、国内に限って青で「MITSUBISHI」と記したロゴを使用してきた。海外では、知名度の高い「赤のスリーダイヤ」を用いたロゴを使用しており、今回、国内でもグローバルで親しまれているロゴに変更する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング