大人の女同士の人間関係って、難しいですよね。学生時代は、好きな友人とだけ付き合えばよかったけれど、社会に出れば、職場やご近所、ママ友など、仲良しだけと付き合うことはできません。

女子の社会は生きにくい。だからこそ、生き抜くためには戦術が必要です。

今回は、銀座クラブという女の戦場のような職場で学んだ、サバイバル術をご紹介します。

 

暇を作らない

忙しいと、他人のことに構っていられないので、女同士のゴタゴタに巻き込まれないのです!暇は、揉めるもと。

例えば、銀座のクラブでは、暇な女性は、他人の悪口を言い合う時間がたくさんあります。「待機」と言われる、空き時間が多い女性は、暇だということ。仕事ができないと評価される女性です。暇だと、聞きたくない噂や悪口を聞くことに…。

忙しい女性は、いろいろなお席から「Aちゃんを呼んでよ!」と声がかかるので、トイレに行く時間もないほど、暇がないのです。忙しくしていれば、自分の仕事やお客様への営業などで忙しく、噂なんて気にしていられません。忙しくしていれば、噂も気にならないということですね。

ゴタゴタが嫌い、女同士のドロドロした関係から抜け出したいなら、忙しくすることが一番です! もちろん、忙しくすると、友人との付き合いも減らさなくてはいけない事態にも陥りますが、天秤にかけると、忙しくする方が、得るものが多いのです。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます