イッツ・ア・スモールワールドも先行公開

©︎Disney

「イッツ・ア・スモールワールド」では、東京ディズニーランド開業以来初の大きなリニューアルが行われます。

2017年3月から一旦クローズしてのリニューアル工事が行われており、1年以上の期間を経て東京ディズニーランドの定番アトラクションが帰ってきます。

2018年4月15日(日)のリニューアルオープンを目前に、2018年4月8日(日)からは実際にゲストを乗せてのテスト運営が断続的に行われています。

テスト運営のため、参加ゲストの屋内の写真撮影などは禁止されていますが、メディア向けに少しだけ写真が公開されました。

気球に乗った子どもたちや、チケット売り場のようなプロップスが見られます。

今回のリニューアルの目玉はディズニーキャラクターの登場。

40体以上のディズニーキャラクターが登場し、音楽も「小さな世界」にディズニーソングがアレンジされます。

さらに、ボート乗り場も大きく生まれ変わり、新しい壁画が登場。

外観も今で以上に華やかなデザインになり、東京ディズニーランドで35年間親しまれ続けているシンボルに新たな魅力が生まれました。

 

東京ディズニーリゾートではデコレーションも徐々に35周年の装飾が登場し、アニバーサリー開幕の準備が進んでいます。

5年間にわたって幸せを喜び合った「ハピネス・イズ・ヒア」が終了し、いよいよ35周年を迎える新たな日が始まります。

プーや/poohya。フリーライター、ウレぴあ総研ディズニー特集サブディレクター。パークから映画、テレビまで国内外の「ディズニー」に関する現象を追いかけ記録するサイト「舞浜横丁」(maiyoko.com)を運営。くまのプーさんに異様な愛を注ぐ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます