山口智充、キスマイ北山宏光共演ミュージカルが開幕

2014.1.10 20:18配信
ミュージカル『愛の唄を歌おう』 ミュージカル『愛の唄を歌おう』

全編、槇原敬之の名曲で綴るミュージカル『愛の唄を歌おう』が本日1月10日(金)、東京・東急シアターオーブで初日を迎える。同日開幕を目前に控えて出演者の山口智充、Kis‐My‐Ft2北山宏光、演出の宮本亜門が同劇場ロビーで会見を開いた。

ミュージカル『愛の唄を歌おう』

舞台の主人公は志半ばにして亡くなった熱血高校教師・牧田ノリオ。自分の正体を明かさないことを条件に、期限付きで地上へ戻ることを許された彼は、生前果たせなかった夢を実現させるため奔走する。その夢とは、かつての教え子たちと一緒にオリジナル曲を作ること……。

3人はそれぞれ「やることはやった。後はステージの時間を思い切り使って、楽しむだけ。お客さんからパワーをもらって、稽古で出せなかったものも生まれてくるはず」(山口)、「やっとお見せできる。どんどん愛が深まっています。早くこの愛をお客さんに届けたい」(北山)、「愛がいっぱいつまっちゃって、吐きそうになってるんです(笑)。早く出したくてしょうがない。お客さんは絶対幸せになって帰っていただけると思う」(宮本)と手応えを話した。

山口は熱血教師牧田役。今回ミュージカル初挑戦。「みんなでゼロから作ってきたオリジナルミュージカルというのが魅力」。全編、槇原敬之の名曲、そのうち1曲は書き下ろしだ。「その歌を、劇中ではみんながどうやって作っていくかがストーリーのキーになっている。いよいよそれを披露できます」と期待に胸を膨らませる。

北山はかつての教え子で牧田を尊敬して教職についた高校教師ヒロト役。「今回はすばらしいみなさんと、恵まれた環境の中でやらせていただいて、自分の成長につながっていると思う」と話した北山は、Kis‐My‐Ft2のメンバーは見にきますか、という質問に「メンバー6人全員、揃って見に来ます」と笑顔。「この作品で、6人がほっこりとした気持ちになって帰ってくれれば。それがグループ愛につながったらいいな」と話した。するとすかさず、山口が「気がついたら、お客さんみんなが、そっちを見てるんじゃ…。大丈夫かな」と笑わせていた。

公演は1月10日(金)から21日(火)まで東京・東急シアターオーブ、1月25日(土) から2月2日(日)大阪・オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館)にて。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング