妻夫木聡、主演作『ジャッジ!』は「ダメ男の集大成」

2014.1.11 20:40配信
(左から)鈴木京香、妻夫木聡、北川景子、豊川悦司

俳優の妻夫木聡が11日、都内で行われた主演作『ジャッジ!』の初日舞台あいさつに出席した。本作で落ちこぼれの広告クリエーターを演じ、「(バカ殿を演じた)『清須会議』、CMののび太君に続いて、今回もダメな男の役。この作品はダメ男の集大成として頑張った」と胸を張った。

『ジャッジ!』舞台挨拶その他の写真

本作は華やかな広告業界を舞台に、上司の身代わりでアメリカの広告フェスティバルの審査員になってしまった落ちこぼれ広告マン(妻夫木)が、自社CMを入賞させろとムチャぶりされて右往左往するというコメディ作品。劇中には、妻夫木がパンツ一丁になるシーンがあり「『ウォーターボーイズ』でも裸で踊っていましたからね。僕の原点かも」。さらに「40歳になっても、裸になれる役が演じたい」と抱負を語っていた。

舞台あいさつには妻夫木をはじめ、北川景子、鈴木京香、豊川悦司、永井聡監督、脚本を手掛けた澤本嘉光が出席。主人公と一緒に、広告フェスティバルに乗り込む“凶暴な”同僚を演じる北川は、「広告業界には、実際に変わった方がいらっしゃるので、とてもリアルだなと思った」。また、「チクワがたくさんあり過ぎて、現場がすごい匂いだった」と振り返った。

人生最大の“ジャッジ”について話題が及ぶと、鈴木は「もし女優になっていなかったら、地元で普通に就職して、OLになっていたかも」。これに対し、豊川も「そうですね。僕もOLになっていたはず」と笑いを誘い、コメディ作品ならでは盛り上げを演出。本作では、実在する企業名が登場し、永井監督は「実名を貸していただいたおかげで、物語にリアリティを感じてもらえると思う」と話していた。

『ジャッジ!』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング