NEC、一体型PC「VALUESTAR」とノートPC「LaVie」の2014年春モデル、全12機種

2014.1.14 16:49配信
「VALUESTAR N」の「VN970/RSB」(左)と「VN770/RS」

NECパーソナルコンピュータは、個人向けPCの2014年春モデルとして、一体型PC「VALUESTAR」5機種、ノートPC「LaVie」7機種を、1月16日に発売する。

「VALUESTAR」は、2007年に初めてリリースしたフォトフレーム型モデルのコンセプト「ノートPCよりも省スペースなデスクトップPC」を継承。フラッグシップの「VALUESTAR N」は、CPUにインテルCore i7-4700MQを採用し、8GBのメモリ、3TBのHDD、ブルーレイディスク(BD)ドライブ、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載する。インターフェースはUSB3.0×4、USB2.0×2、HDMI入力×1、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 64ビット。サイズは幅563.0×高さ480.0×奥行き280.0mm。

「VN970/RSB」は、高色純度でタッチパネル対応の23インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)と、地上・BS・110°CS対応の「ぱっと観テレビ」(視聴専用シングルチューナー)、地上・BS・110°CSチューナー×4基を搭載する。重さは約15.5kg。価格はオープンで、実勢価格は24万円前後の見込み。

「VN770/RS」は、高色純度の23インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)と、地上・BS・110°CSチューナー×2基を搭載する。カラーは、ファインブラック、クランベリーレッド、ファインホワイトの3色で、重さは約14kg。価格はオープンで、実勢価格は21万円前後の見込み。

「VALUESTAR S」は、設置場所を選ばないスリムな本体に、PC、テレビ、オーディオ、レコーダー機能を凝縮。一人暮らしの学生や社会人など、新生活に必要な機能を備える。

4GBのメモリ、1TBのHDDを搭載。インターフェースはUSB3.0×2、USB2.0×4、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを備える。OSは、Windows 8.1 64ビット。サイズは幅527.0×高さ432.0×奥行き190.0mm。

「VS570/RSB」は、CPUにインテルCore i5-4200Uを採用し、高色純度でタッチパネル対応の21.5インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、BDドライブ、地上・BS・110°CSチューナー×1基、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。重さは約9.6kg。価格はオープンで、実勢価格は18万5000円前後の見込み。

「VS370/RS」と「VS350/RSW」は、CPUにインテルCeleron 2955Uを採用し、高色純度の21.5インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、DVDスーパーマルチドライブ、Microsoft Office Personal 2013を搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

「VS370/RS」は、地上・BS・110°CSチューナー×1基を備える。カラーは、クランベリーレッド、ファインホワイト、ファインブラックの3色で、重さは約8.8kg。価格はオープンで、実勢価格は14万5000円前後の見込み。

「VS350/RSW」は、重さが約8.7kg。価格はオープンで、実勢価格は13万5000円前後の見込み。

「LaVie L」は、CPUにインテルCore i7-4700MQを採用し、8GBのメモリ、BDドライブ、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載する。インターフェースはUSB3.0×5、HDMI出力×1、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはWindows 8.1 64ビット。サイズは幅382.0×高さ33.1×奥行き270.0mm。

「LL850/RSB」は、高色純度でタッチパネル対応の15.6インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、1.5TBのHDDを搭載し、32GBのSSDを「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」機能として使用する。バッテリ駆動時間は約4.5時間。重さは約3.0kg。価格はオープンで、実勢価格は21万円前後の見込み。

「LL750/RS」は、タッチパネル対応の15.6インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、1TBのSSHD(HDD+NAND型フラッシュメモリ)を搭載する。バッテリ駆動時間は約6.9時間。カラーは、クリスタルブラック、クリスタルレッド、クリスタルゴールド、クリスタルホワイトの4色。重さは約3.1kg。価格はオープンで、実勢価格は20万円前後の見込み。

「LaVie S」は、「LS700/RS」「LS550/RS」「LS350/RS」「LS150/RS」の4機種をラインアップ。いずれもMicrosoft Office Home and Business 2013を搭載する。インターフェースはUSB3.0×4、HDMI出力、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを備える。OSは、Windows 8.1 64ビット。カラーは、ルミナスレッド、エクストラホワイト、スターリーブラックの3色。

「LS700/RS」は、CPUにインテルCore i7-4702MQを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、8GBのメモリ、1TBのHDD、BDドライブを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。バッテリ駆動時間は約4.8時間。サイズは幅379.0×高さ27.5×奥行き258.0mmで、重さは約2.5kg。価格はオープンで、実勢価格は17万5000円前後の見込み。

「LS550/RS」は、CPUにインテルCore i5-4200Mを採用し、タッチパネル対応15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、8GBのメモリ、1TBのHDD、BDドライブを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。バッテリ駆動時間は約4.7時間。サイズは幅379.0×高さ29.9×奥行き258.0mmで、重さは約2.8kg。価格はオープンで、実勢価格は17万5000円前後の見込み。

「LS350/RS」は、CPUにインテルCore i3-4000Mを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、750GBのHDD、BDドライブを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。バッテリ駆動時間は約5.1時間。サイズは幅379.0×高さ27.5×奥行き258.0mmで、重さは約2.5kg。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

「LS150/RS」は、CPUにインテルCeleron 1005Mを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、750GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。バッテリ駆動時間は約3.1時間。サイズは幅379.0×高さ27.5×奥行き258.0mmで、重さは約2.5kg。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。

「LaVie E」は、CPUにインテルCeleron 1005Mを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。インターフェースはUSB3.0×2、USB2.0×1、HDMI出力、ミニD-sub15ピン、SDXC/SDHC/SDカードスロットなどを備える。無線通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応。OSはWindows 8.1 64ビット。バッテリ駆動時間は約5.8時間。サイズは幅375.0×高さ34.3~35.8×奥行き245.0mmで、重さは約2.5kg。

「LE150/R2W」は、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

「LE150/R1W」は、Microsoft Office Personal 2013を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は9万7000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング