松山ケンイチが平将門役で新感線に初登場!

2014.1.14 18:10配信
松山ケンイチ  撮影:源 賀津己 ヘアメイク:勇見勝彦 Katsuhiko Yuhmi(サイモン) スタイリスト:内藤克幸 Katsuyuki Naito 松山ケンイチ  撮影:源 賀津己 ヘアメイク:勇見勝彦 Katsuhiko Yuhmi(サイモン) スタイリスト:内藤克幸 Katsuyuki Naito

劇団☆新感線のレパートリーの中でも真骨頂ともいえる、スケール感とドラマ性豊かな“いのうえ歌舞伎”。その最新作「蒼の乱」が今春、東京・シアターオーブで幕を開ける。主演の天海祐希を筆頭に、松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗ら、新感線だからこそ為しえた豪華キャストが集結! 天海演じる渡来衆の長・蒼真の夫となる将門小次郎役の松山ケンイチに、現在の胸の内を聞いた。 映像で活躍してきた松山は昨年、俳優生活12年目にして初の舞台「遠い夏のゴッホ」を経験。2本目の舞台に、「ぜひやってみたかった」という新感線の作品を選んだ。

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『蒼の乱』チケット情報

「一番最初に自分でチケット買って観た舞台が、新感線の「レッツゴー忍法帖」(2004年)。田舎の人間だからあんなの見たことなかったし、「すごいな、新感線!」って。「遠い夏~」を演出した西田シャトナーさんが昔やっていた劇団・惑星ピスタチオもそうなんですけど、カッコよくて少年心をくすぐるような、ああいう世界観が好きなんです」

ちなみに初舞台「遠い夏のゴッホ」で松山が演じたのはゴッホというセミの役。28歳という実年齢にしては、若くから重厚でダークな役を多く演じてきた松山が生の舞台で見せる無邪気な少年っぽさが新鮮だった。「今回もパーっとしていて気持ちのいい男だと思います。カッコいいし、ほんとに演じがいのある役。しかも平安時代っていう、自分にとってはなじみのある時代を舞台にしているし」

大河ドラマ「平清盛」で演じた清盛に続き、平氏の将門を演じる。女ながらに渡来衆を率いる蒼真と運命的な出会いを果たし結婚。蝦夷の王・常世王(平)に乞われ、新しい国づくりを目指して朝廷と戦う真っ直ぐな男だ。

「天海さんとは映画で共演したことはあるのですが、男らしい感じというのか、他の女優さんにはない強い存在感を感じました。だから同じ舞台に立つとなると……いやぁこれどうしようかなと思っているところです(笑)。今のままだと確実に負けるでしょうから、なんとか本番までに打開策を見つけたい。でも恋愛のシーンもあるので……頑張ります。舞台をやってみて、舞台と映像の俳優さんはやっぱり違うなと思いました。前回同様できるだけ頼って、皆さんに助けていただけたらなと思います」

初舞台のゲネプロでは「緊張で足が震えた」という松山。観客からのアンケートにも毎日目を通し、「ここでこんなことを感じてくれたんだとか、参考になりました」と、謙虚な面持ちで話す。

早熟の俳優・松山ケンイチのハツラツと初々しい姿は、舞台でしか観られないかもしれない。

公演は3月27日(木)から4月26日(土)まで東京・東急シアターオーブにて。チケットの一般発売は2月1日(土)午前10時より。チケットぴあでは第2次インターネット先行抽選「プレリザーブ」を1月15日(水)午前11時まで受付。

取材・文:武田吏都

いま人気の動画

     

人気記事ランキング