『私という運命について』主演の永作博美がコメント

2014.1.15 17:44配信
『私という運命について』に出演する永作博美、江口洋介、宮本信子

白石一文の同名小説を永作博美主演、江口洋介、宮本信子らの出演で瀧本智行監督が映像化するWOWOW連続ドラマW『私という運命について』が3月23日(日)より放映されるのを前に、永作らのコメントが届いた。

その他の写真

本作は、バブル崩壊後の激動の時代を生き抜いた主人公・冬木亜紀(永作)と、数奇な運命をともにした男たちの人生を描いたラブストーリー。主演の永作は、大企業で女性総合職第1号として働く女性・冬木亜紀を、江口は冬木の同僚で元恋人の佐藤康を、宮本は康の母親・佐智子を演じる。『脳男』『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本監督が初めて連続ドラマに取り組み、岡田惠和が脚本を担当する。主演の永作、江口、宮本のほかに池内博之、三浦貴大、太田莉菜、藤澤恵麻、塩見三省、森山良子らが出演することが発表されている。

永作は役が決まったときの気持ちを「泣きました。人生の不思議が一杯詰まっていました。亜紀が自分に、生まれてきて良かった。と思えるような、最高の人生に作り上げたいと思っています」と話し、共演者の江口は「迷いながらも力強く生きていく亜紀の心情を丁寧に永作さんは演じています」とコメント。本作について「大人のラブストーリーという捉え方もできますが、主人公・亜紀の人生をドラマチックに描いた作品になるかと思います。人は出会いと別れを繰り返し、生きていくものだと、そしてそれを運命と呼ぶのだと…きっと泣ける作品になると思うので楽しみにしていてください」と語っている。

また、宮本は「このラブストーリーはステキ!素直になればいいのに!と思う。一寸イライラしますが(笑) そこがドラマになるのでしょうね。自分が運命を切りひらいていくのだと思います。間違えたら戻ればいいのです。いつでも最初に…」とコメントを寄せている。

『私という運命について』
3月23日(日)スタート(全5話)
WOWOWプライムにて毎週日曜夜10:00
※第1話無料放送

いま人気の動画

     

人気記事ランキング