ロジクール、長寿命でコンパクトなワイヤレスマウス「M545」、「Picoレシーバー」を採用

2014.1.16 19:36配信
ロジクール ワイヤレスマウス M545

ロジクールは、ワイヤレスマウスの新製品として、同社史上最小の「Picoレシーバー」を採用し、長寿命でコンパクトな「ロジクール ワイヤレスマウス M545」を、1月24日に発売する。カラーは、ブラック、ブルー、レッド、シルバーの4色。価格はオープンで、ロジクールオンラインストアでは3480円。

独自の「アドバンス2.4GHzテクノロジー」を採用したワイヤレスマウス。チルトホイールとサムボタンにWindows 8のショートカットを割り当てた。サムボタンの動作は、好みに合わせて変更することができる。

光学式トラッキング技術から進化した「レーザーグレードトラッキング技術(LGT)」で、レーザー並みのトラッキング性能を実現。好きな場所で使用できる。自動スリープモードや、オン/オフスイッチを搭載することで長時間駆動を実現。電池残量インジケータを備える。

レシーバーは、ロジクール史上最小の「Picoレシーバー」で、接続時の突出部分は3mm。ノートPCなどのUSBポートに接続したまま持ち運ぶことができる。

解像度は1000dpiで、ボタン数は7(チルトホイールを含む)。対応OSは、Windows 8.1以降/7、Mac OS X 10.5以降。電源は単3形乾電池×1本で、使用時間は最大18か月。

マウス本体のサイズは幅58.5×高さ38.35×奥行き102.0mmで、重さは95.5g。レシーバーは幅14.3×高さ6.5×奥行き14.9mmで、重さは1.63g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング