スマートフォンなどからスターバックスのドリンクを贈る「Starbucks e-Gift」

2014.1.17 17:5配信
「Starbucks e-Gift」で贈ったドリンク(イメージ)

スターバックス コーヒー ジャパンは、1月15日、スマートフォンやパソコンから、気軽にスターバックスのドリンクをプレゼントできるバーチャルギフトカード販売サービス「Starbucks e-Gift」を開始した。

「Starbucks e-Gift」は、インターネット上で手続きし、友人などにメッセージを添えたバーチャルのギフトカード(税込み500円分のオンラインチケット)を贈ることができるサービス。販売価格は500円。誕生日やバレンタインなど、イベントや季節に合わせたテーマのなかからデザインを選び、メッセージを入力して、Facebook・LINEのメッセージ機能や電子メールを利用して贈る相手に送信する。

受け取ったオンラインチケットは、全国のスターバックス店舗で、カスタマイズしたものを含め、税込み500円までの好きなドリンクと引き換えることができる。税込み500円を超えた場合は差額を支払う。500円未満の商品と引き換えた場合、釣り銭は出ない。引き換え有効期限は、オンラインチケット販売日の4か月後の月末まで。

スターバックス公式ホームページに加え、1月31日から、ミクシィが展開するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のmixiでも販売する。mixiで購入した場合、mixiの「友達」へのダイレクト送信もできる。

こうしたソーシャルギフト(SNSなどのソーシャルメディアを通じてギフトを贈るサービス)市場は、今後拡大していくと予想され、さらなるニーズの拡大が期待されている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング