『黒執事』舞台挨拶で水嶋ヒロ&剛力彩芽“もらい泣き”

2014.1.18 18:25配信
(左から)優香、水嶋ヒロ、剛力彩芽、山本美月

枢やな氏の大人気コミックを基に、完全オリジナル・ストーリーで実写映画化した『黒執事』の初日舞台あいさつが18日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演と共同プロデューサーを務めた水嶋ヒロをはじめ、共演する剛力彩芽、優香、山本美月、大谷健太郎監督が登壇した。

『黒執事』舞台挨拶、その他の写真

知識や教養、料理、武術などすべてを備えた悪魔の執事・セバスチャン(水嶋)と、巨大企業の総帥でイギリス名門貴族末裔の主人・幻蜂汐璃(剛力)が、世界を巻き込む怪事件の行方と謎を追う。約3年ぶりの俳優復帰を果たした水嶋は「とにかく嬉しいの一言に尽きる。感謝の気持ちで胸がいっぱいだし、やってきたことに間違いはなかった」と感無量。劇中では“悪魔”を演じるが、「やれることを全部やった今、神の意思に委ねたい」と“神頼み”する場面もあった。

剛力は笑顔を封印しての演技に「不安や緊張があった。それに水嶋さんの復帰作ということで、プレッシャーも感じた」とコメント。現場では水嶋から「演技を楽しむことが大切」という気持ちを感じ取ったといい、「お会いできて、嬉しかったです」と笑顔を解禁していた。また、原作の大ファンである山本は「今日観に来てくださった皆さんが大好きです」と壇上で感極まって号泣。水嶋&剛力は、もらい泣きしていた。

一方、優香は「私は泣きません!」と気丈なあいさつ。「水嶋さんの持っている繊細さと純粋さに直接触れると、『この人のために頑張りたいな』と思えて、自分の不安がちっぽけに感じた。世の中の男性すべてが水嶋さんだったらいいのに」と惚れ惚れしていた。

メガホンを執った大谷監督も「仕事にすべてを捧げる姿は、僕自身も見習わなければ」と水嶋のストイックさに最敬礼し、「ぜひまた仕事がしたい。きっとそれは『黒執事』の続編でありたい」と再タッグを誓っていた。

『黒執事』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング