L・ディカプリオ主演作の女優が『ターザン』に出演?

2014.1.20 17:1配信
マーゴット・ロビーが出演する『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でレオナルド・ディカプリオの妻役に抜擢されたオーストラリア女優のマーゴット・ロビーが、デイビッド・イェーツ監督の娯楽大作『ターザン』で、ジェーン役を演じることになりそうだ。ターザン役を演じるのは、アレクサンダー・スカルスガルド。ほかにクリストフ・ヴァルツ、サミュエル・L・ジャクソンが出演する。

その他の情報

ロビーはまた、クレイグ・ゾビル監督のスリラー『Z for Zachariah』にも出演を交渉中。共演はクリス・パイン、キウェテル・エジョフォー。

ロビーは、ゴールド・コースト生まれの23歳。10代で女優を目指してメルボルンに移住し、オーストラリアのテレビドラマで注目を浴びた。ハリウッド進出を狙ってアメリカに移住してすぐにテレビの新番組「Pan Am」の役を得るものの、番組は1シーズンで打ち切りに。最近は、レイチェル・マクアダムス主演の恋愛映画『About Time』にも出演した。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
1月31日(金) 全国ロードショー

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング