ソニー、テニスラケット用のセンサを5月に発売、ショットを分析してスマートフォンに表示

2014.1.20 19:54配信
ラケットに装着する「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」

ソニーは、1月20日、テニスプレーヤーのショットを即時に分析し、スマートフォンやタブレット端末に表示するラケット装着型のセンサ「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」を開発していると発表した。発売は5月下旬の予定で、価格はオープン。実勢価格は1万8000円前後の見込み。

テニスラケットのグリップエンドに装着して使用するラケット装着型センサ。グリップエンドに付属のアタッチメントを装着して、「SSE-TN1」を固定する。ラケットがボールをとらえた位置やボールの回転・速度などをリアルタイムに分析。分析結果を専用アプリ「Smart Tennis Sensor アプリ」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末に表示する。アプリはAndroid版(Android 4.1以降)とiOS版(iOS 6.1以降)がある。

取得したデータはスマートフォンや本体に蓄積し、フォアハンドやバックハンドなど、スイングの種別ごとにデータを表示できる。Facebookなど、ソーシャルサービスに投稿する機能も備える。

このほか、アプリをインストールしたスマートフォンでプレーを撮影すると、その映像をデータと同期・再生することができる。実際のプレー映像を見ながら各データを確認できるので、確認したいポイントを簡単に、具体的に振り返ることができる。また、フォアハンドだけ、サーブだけなど、見たいスイング種別ごとに抜き出したダイジェスト再生もできる。

大きさは31.3mm、重さは8g。装着可能なテニスラケットはYONEX製の一部の製品で、順次拡大していく予定だ。全国のスポーツ用品店およびテニス用品店で販売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング