LGの有機ELテレビ10モデルを発売

LGエレクトロニクス・ジャパン(LG)は、有機ELテレビの2018年ラインアップとして5シリーズ10モデルを4月20日から順次発売する。

グローバルで有機ELテレビ発売6年目に突入する今年は、有機EL専用エンジン「α9 Intelligent Processor」によって有機ELパネル本来の画質パフォーマンスを極限まで再現、ノイズ除去や色再現の技術が向上した。独自の人工知能技術「ThinQ AI」を全モデルに搭載し、付属のマジックリモコンに話しかけるだけで、コンテンツ検索やアプリの起動、各種設定など、直感的な操作が可能となる。音質は、天井から降り注ぐような3Dサウンドが楽しめる「Dolby Atmos」を採用している。

壁面に直接張り付けるようなデザインを採用した「OLED W8P」シリーズを最上位モデルとして、スタンドタイプで設置場所を選ばない「OLED G8P」シリーズ、ガラスカバーデザインの採用によってスリムな前面スピーカーで壁掛け設置にも適した「OLED E8P」シリーズ、大画面の77インチまで展開する「OLED C8P」、65インチまで対応した「OLED B8P」シリーズをラインアップしている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます