メディアドライブ、レシートを自動で入力できる家計簿アプリ「レシートストック」

2014.1.22 17:52配信
レシートOCR機能が使えるAndroidアプリ「レシートストック for Android」

メディアドライブは、スマートフォンのカメラでレシートを撮影すると、文字を認識して自動で家計簿をつけることができるアプリ「レシートストック for Android」をGoogle Playで発売した。

レシートOCR(文字認識)機能を搭載するAndroidアプリ。レシートをスマートフォンのカメラで撮影すると、品名や金額などを自動でデータ化し、家計簿を作成することができる。レシートは、月あたり最大200枚の登録が可能。無償版をダウンロード後、無償版の機能制限を解除するためのアプリケーション「レシートストック Unlock Key」を購入することで使用できる。価格は500円。発売記念キャンペーンとして、5月31日までは250円で提供する。

購入品目が多い場合などの長いレシートにも対応。最大3回に分けて撮影し、画像を結合してから読み取る。また、認識結果の誤りは、レシート画像を確認しながら修正することができるほか、レシートがない場合は必要な項目だけを手動で入力することができる。

レシート画像はアプリ内に登録し、後日確認できる。月の予算金額を設定すれば現状の支出金額と比較できるので、支出を節約するなどの家計の見直しに役立つ。登録データのバックアップ/復元機能によって、スマートフォンの機種を変更した場合でもデータを引き継ぐことができる。

対応OSは、Android 4.0以降。500万画素以上のオートフォーカス対応カメラを搭載する機種に対応する。なお、レシートの読み取り精度は、カメラの撮影条件やレシートの状態によって異なる。レシートが10枚まで登録できる無償版で性能が確認できる。

・「レシートストック for Android」(無料版)をダウンロード

・「レシートストック Unlock Key」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング