玉野和紀の新作で水夏希が人を惑わす悪魔役に

2014.1.21 18:20配信
左から、青柳塁斗、野島直人、玉野和紀、水夏希、原田優一、木村花代 左から、青柳塁斗、野島直人、玉野和紀、水夏希、原田優一、木村花代

ダンサーで振付・演出も手がける玉野和紀の新作ミュージカル・コメディ『Love Chase!!』が4月9日(水)から東京・シアタークリエで上演。1月19日には、同劇場にてスペシャルトークイベントが開催され、玉野をはじめ、キャストの水夏希、原田優一、野島直人、木村花代、青柳塁斗が一般公募で集まったファンの前に登場した。

ミュージカル・コメディ『Love Chase!!』チケット情報

人間界で恋愛をゲームのように楽しむ悪魔と、それを阻止しようとする天使。悪魔に翻弄される男女の恋愛模様をコミカルに描く作品。今回が玉野作品初参加の水が悪魔役を演じる。「最近作の『CLUB SEVEN』を見せていただいて、ムチャブリに俳優があたふたしているのを見て楽しかったです。宝塚時代はあんまりなかったので」と話すと、玉野が「でも意外とあるんじゃ……」と水を向けられると、「あ、でも最後の頃は私がやってましたね。そのライブ感が楽しいんですよね」と応える。役作りについては「バックボーンから固めるタイプ。でも悪魔にバックボーンはないか」と話した水に、玉野は「こんな悪魔がいたらいいね、と思えるような感じがいいですね」と話した。

キャスティングについて玉野は「まず天使と悪魔役には宝塚の男役の方を」とポイントを説明。この日は出席しなかったが、天使は紫吹淳が演じる。「あとは何でもできる人。なんにでもチャレンジしてくれるというのが大切。女装もあるかもしれません」と話すと、原田が大きくうなずきながら「ヒールを履くと背筋がピンとなるんです」と笑わせる。木村は「玉野作品は感情の振り幅が大きい。役作りをしていると、日常生活もそうなっちゃうんですね」、青柳は「歌もダンスもあって、新しいチャレンジもある。こんなこともやるんだってことが多くて大変だけど、その分楽しい」とそれぞれ玉野作品の魅力について話していた。

公演は4月9日(水)から24日(木)まで東京・シアタークリエ、5月1日(木)愛知県芸術劇場 大ホール、5月3日(土・祝)・4日(日・祝)大阪・サンケイホールブリーゼにて。チケットの一般発売は2月1日(土)午前10時より。チケットぴあではインターネット先行抽選「プレリザーブ」を実施中、1月23日(木)午前11時まで受付。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング