家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、カラーバリエーションや付属レンズの違いなどを別々に集計した、2018年3月のデジタル一眼カメラの機種別ランキングの1位は、キヤノンの17年4月発売の「EOS Kiss X9i」のダブルズームキット、「KISSX9I-WKIT」だった。

1位、2位とも前月と変わらず、2位には同じくキヤノンの「EOS Kiss X9」のダブルズームキット「KISSX9BK-WKIT」が入った。エントリー向けデジタル一眼レフの「EOS Kiss X9」はホワイト、シルバーのレンズキットもラインアップしているが、一番人気はブラックだ。「EOS Kiss」シリーズは、撮影モードや感度、明るさの設定や説明がわかりやすく、初めての一眼レフ入門機として人気が高い。

10位には、値下げで値ごろ感が増したオリンパスのミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」のEZダブルズームキットのシルバー「E-M10MK2 EZ SLV」が前月71位から大幅ジャンプアップしてランクインしている。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます