©Disney 撮影/YOSHI

東京ディズニーリゾートでは2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)の345日間、東京ディズニーリゾート35周年アニバーサリー“Happiest Celebration! ”を開催します。

東京ディズニーランドのワールドバザールは「セレブレーションストリート」になり、様々なデコレーションや演出、夜にはプロジェクションマッピングが行われます。

セレブレーションストリートが生まれた背景を伺いました。

35年前から現在、未来まで夢と魔法が出続けている「核」

2018年4月15日 東京ディズニーリゾート35周年オープニングセレモニー ©Disney 撮影/YOSHI

35周年デコレーションについて教えてくれたのは、株式会社オリエンタルランド 設計部ショーデザイングループの宮下光雄さんと川辺和正さん。

今回ワールドバザールが重要なポイントとして選ばれたのは、東京ディズニーランド誕生の歴史に関係があると言います。

1983年4月15日 東京ディズニーリゾート開園セレモニー©︎Disney

1983年4月15日、東京ディズニーランドのオープニングセレモニーはワールドバザールで行われました。

そして2018年の同日、35周年オープニングセレモニーも行われた、東京ディズニーリゾートにとって特別な場所です。

35年前から現在、未来まで夢と魔法が出続けているワールドバザール。

その中心には35周年の「セレブレーションタワー」が作られました。

©︎Disney 撮影/YOSHI

セレブレーションタワーには東京ディズニーランドのオープニングから35周年まで、各アニバーサリーの衣装を着たミッキーの像が飾られています。

そして、タワーの下には『白雪姫』から『モアナと伝説の海』まで35作品のディズニー映画のキャラクターが描かれています。

東京ディズニーリゾートとディズニーの歴史が詰まったタワーです。

セレブレーションタワーは、ここから出た夢と魔法が、セレブレーションストリートを通って東京ディズニーリゾートに散りばめていくという「核」になっています。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます