2018年4月15日(日)、東京ディズニーリゾートの35周年イベント、“Happiest Celebration! ”のオープニングセレモニーが開催されました。

あいにくの雨風のなか行われたこの記念すべき式典を、東京ディズニーランドを愛するひとりの人間としてレポートします!

台風並みの雨と風、それでも笑顔が溢れる東京ディズニーランド! 

2018年4月15日。

この日は、前日から「台風並みの暴風雨になる」と予報されていました。

まっすぐ歩くのも困難なほどの雨風のなか、東京ディズニーランドのゲートの前につくと、そこには早朝にも関わらずたくさんのゲストが!

雨と風は一向に収まらず、威力を増して行くばかりでした。

そして7時55分、一般ゲストの入園がはじまります。

キャストに促され、ゆっくりと進むゲストは、ワールドバザールに流れる35周年テーマソング「Brand New Day」、そして色鮮やかに宙を舞う紙吹雪に、わあ、と声を上げていました。

カッパを着て、髪もびしょ濡れで、本当に寒かったでしょうに、ゲストの方々の笑顔は、私には本当に輝いて見えました。

写真を撮る人、楽しそうに弾みながら歩く人、涙をぬぐいながら前に進む人。

たくさんのゲストが、色々な思いでこのワールドバザールに集まっていました。

ワールドバザールの通路の両端には、様々なテーマランドからやってきたキャストが整列し、35周年のロゴの入ったフラッグを持っていました。

キャストとゲストが笑顔でハイタッチを交わし、カラフルな紙吹雪が降り注ぎ、聞いていると楽しくなれる音楽が鳴り響く。

夢と魔法の王国である、東京ディズニーランドのお誕生日らしい光景でした! 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます