専門家たちが白熱! 映画『ピラミッド 5000年の嘘』イベント

2011.12.27 21:9配信
右から、宮下佐江子氏(古代オリエント博物館 学術部長)、大地舜氏(グラハム・ハンコック氏「神々の指紋」翻訳者)ら、パネラーのみなさん

“ピラミッド”に関する新事実を明らかにした衝撃のドキュメンタリー映画『ピラミッド 5000年の嘘』が2月18日(土)から公開されるのを前に、各分野の有識者らを迎えたパネルディスカッション付き試写会が行われれ、盛り上がりを見せた。

その他の写真

本作は、世界四大文明のひとつ古代エジプト文明の象徴で、紀元前2700~2500年代に建造されたと伝えられているクフ王の墓、ピラミッドにまつわる“誰も知らなかった真実”を37年間にわたり調査・研究、6年間かけて検証して捉えたドキュメンタリー作品。

上映後に行なわれたパネルディスカッションには、「神々の指紋」翻訳者である大地舜氏、考古学ジャーナリストの倉橋日出夫氏、古代オリエント博物館の宮下学芸部長らが参加。ピラミッドに関するトークをくりひろげ、白熱する場面も見られた。また、約8割の参加者が、映画を観てピラミッドに対する考え方が変わったと回答。「(ピラミッドは)宇宙説だと思っていたけど、消滅した過去の優れた文明だという考え方が興味深かった」「ピラミッドの見方がまったく変わった。新たな発見が見つかって面白かった」「現代と古代の人びとの間に流れるのは時代だけではなく、思考や技術、文明など数知れない道の世界がある。これだけ発展した現代にマネできない古代人の世界観をもっと追及したいと思えた映画」などのコメントが寄せられた。

年明けに、パトリス・プーヤール監督の来日が決定している。

『ピラミッド 5000年の嘘』
2012年2月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング