三菱地所株式会社は、この度、2019年9月20日~11月2日に日本の12都市で開催される、「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会」(以下、「ラグビーワールドカップ2019」)オフィシャルスポンサーの契約を締結し、三菱地所としてラグビーワールドカップ2019へ協賛します。


「ラグビーワールドカップ2019」コンポジットロゴ

 ラグビーワールドカップは、4年に1回、約2カ月をかけて行われる大会で、世界で最も規模が大きく、また最も愛されているスポーツイベントのひとつです。2019年の日本大会は9回目の開催となり、アジアで初めて行われます。

 ラグビーワールドカップの選手たちは日々の努力と熱い闘志で、人々、そして街や国に誇りと勇気を与えてくれます。またラグビーにおける「One for all All for one」の精神は、「人を、想う力。街を、想う力。」というスローガンのもと、人々や世界への想いを胸に、地域社会と共に街づくりにチャレンジしてきた当社の基本理念に通じます。
 三菱地所は、本協賛を通じて、本大会の成功に貢献していきます。

■ワールドラグビー会長 Bill Beaumont(ビル・ボーモント)氏のコメント
 三菱地所をラグビーワールドカップのコマーシャルプログラムに、オフィシャルスポンサーとして初めてお迎えできる事を嬉しく思います。新たに素晴らしいブランドをお迎えし、ラグビーワールドカップの商業的な魅力は、世界および国内のマーケットにおいて更に増すでしょう。

■三菱地所株式会社 執行役社長 吉田 淳一(よしだ じゅんいち)のコメント
 この度、オフィシャルスポンサーとして「ラグビーワールドカップ2019」に参画できることを大変光栄に、そして嬉しく思います。本大会を世界中のラグビーファンはもちろん、選手の皆さん、大会関係者らとともに愉しみ、そしてサポートする立場として、素晴らしい大会となるよう貢献していきたいと考えております。

■大会概要
大会名称    :ラグビーワールドカップ2019™日本大会
開催期間    :2019 年9 月20 日(金)~11 月2 日(土)
開催都市[会場] :札幌市     [札幌ドーム]
         岩手県・釜石市 [釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)]*2018 年完成予定
         埼玉県・熊谷市 [熊谷ラグビー場]
         東京都     [東京スタジアム]
         神奈川県・横浜市[横浜国際総合競技場]
         静岡県     [小笠山総合運動公園エコパスタジアム]
         愛知県・豊田市 [豊田スタジアム]
         大阪府・東大阪市[東大阪市花園ラグビー場]
         神戸市     [神戸市御崎公園球技場]
         福岡県・福岡市 [東平尾公園博多の森球技場]
         熊本県・熊本市 [熊本県民総合運動公園陸上競技場]
         大分県     [大分スポーツ公園総合競技場]
試合形式    :48 試合
         ・プール戦 5チーム×4プール(プール内総当たり戦)… 40試合
         ・決勝トーナメント… 8 試合
公式ホームページ:http://www.rugbyworldcup.com/


The Rugby World Cup 2019 logo TM (C) Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
このページが気に入ったら、フォローしてね!!
関連記事