脚本流出でタランティーノが訴訟

2014.1.28 18:21配信

クエンティン・タランティーノが、次回作のつもりで書き下ろした『Hateful Eight』の脚本をウェブサイトに流出したとして、ゴウカー・メディアを相手に訴訟を起こした。

タランティーノは、最近、6人の限られた人々に脚本を渡したところ、誰かがエージェントに見せ、そこから関係のない人にも脚本が出回ったことを知り、激怒。映画業界サイトdeadline.comに対し、この映画はもう作らない、代わりに本として出版すると、先週宣言していた。

その数日後に、ゴウカーは、「これが流出したタランティーノの脚本『Hateful Eight』だ」という見だしで、脚本をサイトにアップした。タランティーノは弁護士を通じてサイトから脚本へのリンクを取り下げることを要求したが、ゴウカーは拒否。著作権を侵害されたとして、最低100万ドルの賠償を求めている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング