アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、おでかけニュースサイト「いこレポ」(https://report.iko-yo.net/)は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa(以下Alexa)」※1に搭載する音声情報、Alexa搭載スキル「いこレポ」の提供を開始しました。音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」※2に「アレクサ、今日のニュースは?」と話しかけるだけで、「いこレポ」の最新おでかけニュースを聞くことができます。




Alexa搭載スキル「いこレポ」について
■スキル名称:いこレポ
■価格:無料
■提供地域:日本国内
■提供開始時期:2018年3月
※利用にはEcho等のAlexa対応デバイスが必要です。

※1: Alexa – Amazon Echoを支える頭脳
Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

※2:Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応
Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。

おでかけコンシェルジュ「いこレポ」概要



おでかけコンシェルジュ「いこレポ」(https://report.iko-yo.net)は、2017年7月にサービスを開始した、パパママ向けのおでかけニュースサイトです。「いこレポ」で紹介したニュース記事をきっかけに、家族のおでかけや会話が増え、子ども達の笑顔が増えることが明るい社会創りにつながることを願ってサイトを運営しています。
週末のイベントやスポットオープン情報のほかにも、おでかけの達人「おでかけコンシェルジュ」が厳選した、子連れ旅行や家族のおでかけが、より便利に・楽しく・快適に過ごせるオススメプラン、見どころを随時提案していきます。
■通算利用者数(UB) :約58万人 (2018年3月現在)
■月間ページビュー:約60万PV(2018年2月)

「いこレポ」の運営会社について
社名:アクトインディ株式会社
所在地:東京都品川区西五反田1-27-2 ヒューリック五反田ビル8F
代表取締役:下元敬道
設立:2003年6月
社員数:73人(パート含む。2018年1月10日現在)
主な事業:子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」(https://iko-yo.net)の企画運営
URL:https://actindi.net/
受賞歴:

「東京都オープンデータアプリコンテスト」東京都知事賞(最優秀賞)2018年
「第11回 キッズデザイン賞」キッズデザイン協議会会長賞(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁、内閣府)2017年
「Ruby bizグランプリ2017」(主催:Ruby biz グランプリ実行委員会/島根県)2017年
「第4回グッドライフアワード」実行委員会特別賞(環境省)2016年


経営者について
下元 敬道(しももと たかみち)41歳
1976年12月、高知県生まれ。 青山学院大学経営学部卒業。IT企業を経て2003年に26歳で独立し、アクトインディ株式会社を設立。 独立の思いは「ネットを使って世の中に価値を発信し、課題解決をしたい」。当時、情報不足が問題となっていた葬儀業界に着目し、ネット上で葬儀社を紹介するサービスを日本に定着させた。
その成功で、「情報の活性化が、業界と利用者双方から喜ばれる」ことを確信。その思いを持って子育て層・子ども向けサービスに着手し、2008年に「子どもとおでかけ情報サイト『いこーよ』」をスタート。
2017年4月シニア関連事業をアクトインディ株式会社の100%子会社「せいざん株式会社」に譲渡。同12月 「一般社団法人次世代価値コンソーシアム」を設立。
趣味は、墓参り、子どもと遊ぶこと、野球。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事