調査会社のIDC Japanは4月17日、コンシューマ向けスマートホームデバイス市場に関する市場予測を発表した。2017年、全世界のスマートホームデバイスの出荷台数は前年比27.6%増の4億3310万台だったという。

IDCでは、今後の年間平均成長率(CAGR)として18.5%と予測。2022年には、出荷台数が9億3970万台に達する見通しとしている。スマートホーム市場で最も成長率が高いのは、引き続き「Amazon Echo」「Google Home」などのデバイスを含むスマートスピーカー。このほか、ビデオエンタテインメント製品を除いて2ケタのCAGRになると予測している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます