パナソニック、光学20倍ズーム搭載のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ55」、30倍の「LUMIX DMC-TZ60」も

2014.1.30 16:28配信
DMC-TZ55

パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX」の新製品として、光学20倍ズームレンズと180°チルト式液晶モニタを搭載した「DMC-TZ55」を3月13日に、光学30倍ズームのライカDCレンズを搭載した「DMC-TZ60」を2月13日に発売する。

「DMC-TZ55」は、焦点距離4.3~86.0mm(35mmフィルム換算で24~480mm相当)の光学20倍ズーム・LUMIX DC VARIOレンズと、有効画素数1600万画素のMOSセンサを搭載したコンパクトデジタルカメラ。

6面3枚の非球面レンズを使用し、手ブレ補正レンズの退避構造を採用することで、高倍率ズーム搭載ながらスリムなデザインを実現した。手ブレ補正には、光学式手ブレ補正「POWER O.I.S.」を備える。

背面の180°回転するチルト式液晶モニタを回転すれば「自分撮りモード」で表情や構図を確認しながら撮影できる。「自分撮りモード」はパノラマ撮影にも対応しているので、大勢での撮影や旅行先での風景をバックにした自分撮りを楽しめる。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備え、iOS/Android対応の専用アプリ「Panasonic Image App」で、撮影や再生、写真転送など、スマートフォンやタブレット端末との連携に対応する。撮影した写真をPCへ自動転送する「おまかせ画像転送」機能も搭載する。リモート撮影機能では、スマートフォンなどに撮影画面を表示してズームや撮影ができ、タッチシャッターも使用できる。

動画撮影機能は、PCでの再生や編集がしやすいMP4形式のフルハイビジョン画質(解像度1920×1080)での撮影に対応。動画撮影時のブレを抑える「アクティブモード」を備え、動画ボタンを押すだけでムービー撮影を始めることができる。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは約70MB。サイズは幅106.8×高さ62.2×奥行き32.4mmで、重さは約250g。カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

「DMC-TZ60」は、焦点距離4.3~129.0mm(35mmフィルム換算で24~720mm相当)の光学30倍ズーム「LEICA DC VARIO-ELMARレンズ」と、有効画素数1810万画素のMOSセンサを搭載したコンパクトデジタルカメラ。

歪曲、解像度、ゴースト、フレアなどですぐれたレンズ性能を実現。10面5枚の非球面レンズを使用し、手ブレ補正レンズの退避構造を採用することで、高倍率ズーム搭載ながらスリムなデザインを実現した。被写体からの最短距離3cmのマクロ撮影にも対応する。

ファインダーを備えているので、明るい日中など、液晶モニタだけでは確認しにくい状況でも構図を決めて撮影できる。操作系には、撮影モードに合わせてズーム/絞り/シャッタースピードを設定できるコントロールリングを搭載。ファインダー使用時の撮影でも高い操作性を実現している。

動画撮影は、AVCHD Progressive形式のフルハイビジョン画質(解像度1920×1080)での撮影に対応。歩きながらの動画撮影での大きな手ブレを抑える「アクティブモード」に加えて、縦/水平/左右/上下に回転を加えた5軸で手ブレを検出して、光学式と電子式のダブル補正で映像のブレをしっかり抑える「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を備える。

このほか、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANやNFC(近距離無線通信)、電子水準器を搭載。撮影機能では、高速でフォーカスを合わせる「高速AF240fps」や、こだわりのピント合わせができる「マニュアルフォーカス」と「ピーキング」に対応する。さらに、写真に特殊効果を施す「クリエイティブコントロール」「クリエイティブレタッチ」「クリエイティブパノラマ」を備える。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは約12MB。サイズは幅110.6×高さ64.3奥行き34.4mmで、重さは約240g。カラーは、シルバー、ホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は4万8000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング