セイコークロック、世界初の家庭向け衛星電波かけ時計「セイコースペースリンク」、3機種4モデル

2014.1.30 17:17配信
セイコースペースリンク GP203W

セイコークロックは、世界初の家庭向け衛星電波時計「セイコースペースリンク」のかけ時計「GP203W」「GP204S」「GP205K/GP205W」の3機種4モデルを、2月28日に発売する。

誤差10万年に1秒の高精度原子時計を積んだGPS衛星が発信する時刻情報を受信することで、現在地の時刻を正確に表示する衛星電波時計。GPS衛星は、約30基が地球の上空約2万kmを周回。そのうちいずれか1基からの情報だけで正確な時刻を表示する。

GPS衛星が発信する電波の受信可能距離は、窓などの開口部から平均15mと、従来の電波時計と比べて約5倍の長さで、これまでは受信しにくかったマンションなどの鉄筋コンクリート造の建物でも使いやすい。また、時刻情報の受信速度は、従来の電波時計が4分以上だったのに対して、最短で約10秒と、時刻修正にかかる時間を大幅に短縮した。

使用する電波の周波数帯は電波法によって特に厳しく規制され、従来の電波時計よりも家電製品やOA機器の発するノイズからの影響を受けにくい。GPS衛星の電波が受信できる場所なら、国や地域に関係なく、いつでも正確な時刻を表示する。ただし、時差は手動で修正する必要がある。

精度は平均月差±20秒。スイープ秒針を採用する。電源は単3形アルカリ乾電池×3本で、電池寿命は約1年。電池切れ予告機能を搭載する。

「GP203W」は、ホワイトのケースとブルーのアクセントカラーを採用し、衛星電波時計の先進性を表現。サイズは直径351×奥行き48mmで、重さは1.4kg。価格は3万円(税別)。

「GP204S」は、球面ガラスと棒文字を採用し、モダンスタイリッシュな表情。サイズは直径350×奥行き60mmで、重さは1.7kg。価格は3万円(税別)。

「GP205K」と「GP205W」は、3時、6時、9時、12時や針にアクセントカラーを配置するなど、さりげない遊び心を採り入れた。サイズは幅362×高さ362×厚さ45mmで、重さは1.3kg。カラーは、ブラック(GP205K)、ホワイト(GP205W)の2色。価格は2万5000円(税別)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング