東レとNTT、着るだけで心拍数などを計測する機能素材「hitoe」を開発

2014.1.30 18:45配信
「hitoe」を使用した生体情報計測用ウェアと心拍数・心電波形計測(イメージ)

東レと日本電信電話(NTT)は、1月30日、着衣するだけで心拍数・心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を開発したと発表した。NTTドコモは、2014年中をめどに「hitoe」を使用した生体情報計測用ウェアとスマートフォンなどを活用したサービスを開始する。

東レとNTTは、最先端繊維素材・ナノファイバー繊維の生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性にすぐれ、生体信号を高感度に検出できる機能素材「hitoe」の実用化に成功した。着用者の体型差をカバーするためにストレッチ素材を用いたことで肌へのフィット性や通気性などもよく、「着る」だけで簡単に心拍数や心電波形などの生体情報を連続的に計測することができる。

配線をウェアに一体化して機能集約しているので使い勝手がよく、洗濯して繰り返し利用できるので、職場、学校、スポーツ、運転中などのさまざまなシーンでの活用が期待される。両社は、今後「hitoe」を活用した生体情報計測用ウェアの商品化に取り組む。

ドコモは、「hitoe」のようなウェアラブル製品を活用して、ドコモ・ヘルスケアが提供する健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」との連携をはじめ、スポーツ分野や健康増進分野などを中心とした新しいサービスの提供を目指す。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング