松坂桃李、『マエストロ!』でバイオリンに初挑戦!

2014.1.31 11:10配信
『マエストロ!』で初共演する松坂桃李と西田敏行(C)2015『マエストロ!』製作委員会 (C)さそうあきら/双葉社

松坂桃李と西田敏行が、さそうあきら原作のクラッシック漫画を小林聖太郎監督が映画化する『マエストロ!』で初共演することが発表された。

その他の画像

映画は、不況で解散したオーケストラ団員たちと若手コンサートマスターの香坂が、破天荒な指揮者・天道に導かれ変わっていく姿を描くヒューマンドラマ。松坂は若手コンマスの香坂役を、西田敏行は彼らの前に現れる謎の指揮者・天道役を演じ、松坂はバイオリンに、西田は指揮に本格的に挑戦する。脚本は『サマーウォーズ』『八日目の蝉』などを手がけた奥寺佐渡子。

松坂は「この作品の根幹にあるクラシック自体もバイオリンも初めて触れるものなので、新鮮さが楽しみな反面、怖さも感じています。共演の西田敏行さんは優しい雰囲気を全身にまとっていらっしゃるけれど、芝居となると尖ったものが見え隠れしている方だと思うので、西田さんからいろいろと学ばせて頂きたいです」とコメント。

西田は「原作はクラシック音楽に対して深い哲学を持つ作品です。今までクラシックをあまり聞いてこなかったですが、この作品でクラシックに真正面から向き合い、ベートーヴェンは何を言いたかったのか、語りたかったのか、役者の目線で、役者の耳で聞いてみようと思います」と話している。

小林監督は「指揮者が楽器を持たない音楽家であるように、映画監督も自分ひとりでは何もできない存在ですが、松坂桃李くん、西田敏行さんといった凄腕の“演奏家”が仲間になってくれた今とともに、どのような音楽を奏でることができるか……不安とワクワクがないまぜになった興奮とともに準備を進めております」と言い、原作者のさそうは「あの西田敏行さんの指揮棒により運命の扉がノックされ、コンサートマスター松坂桃李さんのもと、オーケストラが一つになる…僕の小さなペン先によってまかれた種がこのような大きな実を結ぶことになり、どきどきして完成を心待ちにしています」とコメントを寄せている。

映画は、3月より撮影が始まり、2015年に公開される。

『マエストロ!』
2015年 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング