『パンドラ』シリーズ最新作、主演は堺雅人

2014.2.3 12:28配信
『ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命~』 (C)2008-2014, WOWOW INC.

革命的な発明により“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描き人気を博してきたWOWOW連続ドラマ『パンドラ』のシリーズ最新作、『ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命~』で堺雅人が主演を務めることが発表された。

その他の情報

本シリーズはこれまで、三上博史主演の『パンドラ』(2008年放送)ではガンを滅ぼす特効薬を、佐藤浩市主演の『パンドラⅡ 飢餓列島』(2010年放送)では飢餓を救う食物を、江口洋介主演の『パンドラⅢ 革命前夜』(2011年放送)では自殺を防止する薬をテーマに描いてきた。シリーズ第4弾で初の単発ドラマとなる本作のテーマは“クローン技術”。命の尊厳といった壮大な問題を、謎の殺人事件を軸に問いかけていく。

堺が演じるのは、優れた医学者にして天才医師である主人公・鈴木元。堺は、「すばらしいシリーズに参加させていただくことになりました。クローンという特殊な題材を扱いながらも、普遍的な愛を描いている脚本だと思います。これまでこのシリーズに関わられたスタッフ、キャストの皆様の、愛情や情熱に負けないよう、精一杯頑張りたいと思います。連続ドラマとはまた違った、新しいパンドラがお見せできればと思っております」と意気込みを語った。

本シリーズを生みだしてきた脚本家・井上由美子と監督・河毛俊作が今回もタッグを組み、尾野真千子、高橋克実ら豪華キャスト陣が脇を固める。禁断の箱を開け神の領域に踏み込んでしまったとき、人間はどうなってしまうのか。心揺さぶるサスペンスとなりそうだ。

『ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命~』
4月27日(日)夜10時放送

いま人気の動画

     

人気記事ランキング