俳優の須賀健太が、日本2.5次元ミュージカル協会の2018年度の「2.5Dアンバサダー」に就任し、4月18日に東京都内で行われた就任式に出席した。

 2.5次元ミュージカル(2.5D)とは、2次元の漫画・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツの総称。須賀は、アンバサダーとして4月25日より動画配信サービス「GYAO!」でスタートする、同協会の2.5Dオフィシャル番組「What's 2.5D?」に出演するなどのプロモーション活動を1年間に渡って行う。

 須賀は、「僕でいいのかなという思いがありました。でも、いつの間にか、僕もハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で3年近く(主演として2.5D作品に)携わらせていただいて、深い関係を持たせていただいています。(映画やドラマにも出演しているという)一般的な部分と2.5Dの架け橋になるということで起用していただいたのかなと思います」とアンバサダーに就任した率直な思いを語ると、「もともと(2.5Dを)知っている方にはより深く、知らない方には新しく知っていただけるような1年間にしていきたいと思います」と意気込んだ。

 また、須賀はアンバサダーに就任したことで、初めて名刺を持ったことを明かし、自身がMCを務める「What's 2.5D?」の番組内では名刺交換も経験。「慣れないです」と苦笑いを浮かべながらも、「2.5Dの公演会場(の客席)で僕を見かけたら、名刺をあげようと思ってます。かなりのレアキャラです」と公言し、会場を沸かせた。

 さらに須賀は、今後2.5Dで出演してみたい作品を聞かれると、「僕のヒーローアカデミア」と「とんかつDJアゲ太郎」をあげ、「できたら主役でやりたいです!(記事に)太字で書いてくださいね!」と猛アピールして意欲を見せた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます