武田鉄矢と前川清が、九州ならではの舞台を博多座で

2014.2.3 17:52配信
前川清、武田鉄矢 前川清、武田鉄矢

博多座15周年を記念して、武田鉄矢と前川清が華やかに初共演。4月の上演を前に、芝居のタイトル「鷹と雀のものがたり」にちなみ、九州を代表する球場・ヤフオクドームにて1月16日に記者会見を敢行。公演への思いを語った。

武田鉄矢・前川清 特別公演 チケット情報

会場の雰囲気に合わせ、ウグイス嬢の「ピッチャー、前川清」「キャッチャー、武田鉄矢」というアナウンスでふたりが入場。今回は第1部の芝居「鷹と雀のものがたり」、そして第2部の「前川清とクールフォー(海援隊+1)オン・ステージ」と両演目でがっつり共演するふたりだが、実際でも前川がピッチャー、武田がキャッチャーの役回りだとか。「野村(克也)さんから『キャッチャー型芸能人』と言われたこともある。敵に一番近く、味方も全員見ることのできるキャッチャーの立ち位置は実際合いますね」(武田)、「僕は『ブルペンでは良いピッチャー』なのかも。本番では・・・(笑)。でも武田さんのキャッチャーは、こっちが自由にしてもしっかり受け止めてくれそうなので、安心しています」(前川)と笑い合い、すでに良いバッテリーに仕上がっている様子。

第1部「鷹と雀のものがたり」では強い侍(鷹)を武田、弱い侍(雀)を前川が演じる。しかし、人間には鷹の部分も雀の部分も両方あり、物語が進んでいくうち立場が変わっていき・・・というのが見どころ。「演出面では、前川さんに客席に下りてもらって、お客様皆と一緒に「ひとごろし!」と叫ぶシーンなんかも作ろうかと」と武田が言えば、「今、初めて聞いて驚いてます(笑)。でも、いろいろな案がもらえるのは有難いこと。その日のお客様の反応を見ながら、面白くしていきたいですね」と笑顔で前川も答える。第2部の歌謡ショーでは、海援隊の3人に前川紘毅(前川清の息子)が加わった「クールフォー」が結成されるのも話題。「コーラスで『ワワワワ~』とかやる予定ですよ」と、武田も楽しそう。もちろん、海援隊の曲と前川のコラボレーションも楽しめそうだ。

「かたや演歌、かたやフォークソングと、選んだ歌は違っても、九州育ちということできっと同質、同柄の人間なんじゃないかと思う」と武田が語るように、一見「水と油」のような2人だが、お互いの個性がしっかり合わさった美味しいドレッシングのような舞台が誕生しそう。九州を代表する芸達者のふたりによる九州ならではの舞台で、博多から全国へパワーを発信する。

公演は4月6日(日)から29日(火・祝)まで福岡・博多座にて開催する。チケットぴあでは2月6日(木)午前11時までプレリザーブ受付中。2月8日(土)一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング