1分で身につく英会話

【英会話】「伝言を聞いておいて」って英語でなんて言う?

1分で身につく英会話。今回は「仕事に集中したい」ときなどに使える会話です。

 

 Q. 英語でなんて言う?   

Jenny: Paul、今から二時間は私への電話は取り次がないでもらえるかしら?この報告書を終えなきゃいけないの。

Paul: いいですよ。4時にかけ直してもらうように伝えればいいですか?

Jenny: いいえ、 伝言を聞いておいて、そしたら私からかけ直すわ。

Paul: わかりました、聞いておきます。

Jenny: でも、もしGaryから電話があったら、保留して私に教えて。彼に話があるのよ。

 

ワンポイント解説

“hold [someone's] calls” [ ]の電話を取り次がない

このイディオムは、電話がかかってきたときに受付の人や秘書が、伝言を聞いたり、かけ直すように伝えたりして、電話をもらった相手に電話を直接はつながないという意味です。
※この表現は、オフィスなどでのシチュエーションにのみ、適用されます。秘書や受付の人という電話を取ってくれる人がいる場合、ということですね。
 

“take a message” 伝言を聞く、うけたまわる

電話のシーンでよく使うフレーズです。電話の主が、話したい相手と電話で話すことができない、というようなときには、伝言を聞いてあげると親切です。

“call back” 電話をかけ直す / “call [someone] back”[ ]に折り返し電話をする

誰かに電話をかけ直したり、電話の相手にもう一度電話をしてもらうときにも使います。

例)“I'm really busy right now. I'll call you back in 10 minutes.”
「今ちょっと手が離せないんです。10分ほどでかけ直します」
“I'm really busy right now. Can you call back in 10 minutes?”
「今ちょっと手が離せないんです。あと10分ほどしたらもう一度かけてもらえますか?」

“put [someone] on hold” [ ]を保留にして待たせる

保留状態で待ってもらうということです。


“let [someone] know” [ ]に知らせる

例)“Could you let me know when Peter arrives?
Peterが着いたら教えてもらえますか?
“When you find out what date you're arriving in Tokyo, could you let me know?”
東京に着く日がわかったら、私に知らせてもらえますか?

 

photo credit: InternationalHouseManchester via photopincc

いま人気の動画

     

人気記事ランキング