都響がスイスでデュトワ、ツィメルマンと初共演

2014.2.5 13:25配信
シャルル・デュトワ シャルル・デュトワ

東京都交響楽団が、2014年の日本・スイス国交樹立150周年を祝う記念事業の一環で、10月13日(月)にジュネーヴのヴィクトリア・ホールで開催される特別コンサートへ出演することが決定した。

「東京都交響楽団」の公演情報

1864年に最初の修好通商条約が結ばれて以来、長い間友好関係を築いてきた日本とスイス。今回、両国間の親密な文化的絆を祝う特別な機会に、日本のオーケストラを代表して都響が招待される。指揮は、巨匠シャルル・デュトワ。ピアノ独奏は、現代最高の名手、クリスチャン・ツィメルマン。この世界的に著名なスイス人アーティストふたりと都響が共演するのは今回が初。ブラームスのピアノ協奏曲第1番とサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」の2曲を演奏する。

◆日本・スイス国交樹立150 周年記念 特別コンサート
2014年10月13日(月) ヴィクトリア・ホール (スイス・ジュネーヴ)
□出演
指揮:シャルル・デュトワ
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
管弦楽:東京都交響楽団
□演奏曲目
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 op.15
サン=サーンス:交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング