500人の学生と共に特別講義を受けた櫻井翔(左)と広瀬すず

 映画『ラプラスの魔女』の地球科学科特別講義が19日、東京・世田谷区の日本大学 桜上水キャンパスで行われ、出演者の櫻井翔(嵐)と広瀬すずが出席した。

 本作は、立証不可能な事件を調査する地球化学の教授・青江修介(櫻井)と、自然現象を予言するヒロイン・羽原円華(広瀬)の姿を描く東野圭吾ミステリー。二人は、同大学 文理学部 地球科学科と化学科の約500人の学生の前に、サプライズで登場。大歓声が巻き起こると、櫻井は「(教室に)入ってきた時の男子学生の『お~』に“広瀬すずだ~”感を感じました」と話して、会場を沸かせた。

 また、二人は学生らと共に、作品内で描かれている現象を「地球科学」の観点から分析・考察していくという特別講義に参加。二人は、専門教授に「気象現象を利用した殺人は実際に可能なもの?」(櫻井)「竜巻の予測はできる?」(広瀬)などと作品にちなんだ質問をしたほか、装置を使って「竜巻を発生させる実験」の手伝いをするなど、講義を楽しんだ。

 「学生時代に科学は得意だった?」と聞かれた櫻井は、「全くですね。理数系は本当にダメだったので、勉強されてる皆さんを尊敬します。(本作は)せりふとはいえ、聞きなじみのない言葉を覚えるのは本当に難しかったです」と明かした。広瀬は「櫻井さんみたいな教授がいたら、授業を受けてみたい?」と質問されると、「もちろんです。櫻井さんはお話が楽しいから、楽しく授業を受けれるのはいいなと思います」と笑顔で答えた。

 講義を受けた感想については「すごく楽しかったです。映画の中で起きた現象を、映画の世界っていう感覚で見てたんですけど、実際に実験をやって身近に感じられたので、改めてもう一回見たいと思いました」と語った。櫻井は「勉強になりました。先生が講義の時に何回かポケットに手を突っ込んでいたので、講義のシーンの(撮影)時に、僕もやっときゃ良かったなあ~」と話して、笑いを誘った。

 また、学生らに向けて「僕は大学生の時は、ほとんど友達と酒を飲んでいただけなんですが、その時の友達と今もつながっている。勉強も大切だけど、一生の付き合いができるような友達との時間を大切に育んで、学生生活を満喫してほしいなとオジサンは思っています」とちゃめっ気たっぷりにメッセージを送ると、生徒たちからは笑いが起こった。

 映画は5月4日から全国東宝系でロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます