複数機器の充電をタイマーで管理する電源タップ

サンワサプライは、差込口ごとにタイマー設定ができる操作盤付きの電源タップ「TAP-RT1」の販売を4月末に開始する。価格はオープンだが、税込みの実勢価格は3万2800円。

「TAP-RT1」は、3極・6個口の電源タップ。差込口ごとに電源のオン・オフ設定ができるタイマーが付いている。6個の差込口ごとに8通り、合わせて48通りのタイマー設定が可能。一目で分かる液晶パネルで管理できる。タイマーは、毎日・曜日ごと・平日・休日など、さまざまな条件を設定できるため、平日夜間の数時間だけ玄関灯・防犯灯を自動で点灯させたい、コスト削減のため毎日深夜帯に2時間だけ機器をまとめて充電したいなど、さまざまなシチュエーションで使える。充電し忘れや充電後の電源切り忘れなどを防ぎ、タブレット端末の保管庫などに取り付けて複数機器の充電をタイマーで管理するのに適している。

抜け止めタイプの差込口を採用し、差し込んだ電源コードが不意に抜けることを防ぐ。安全装置として、15Aのサーキットプロテクタを内蔵し、1500Wを超えた場合に電流を遮断して過電流の発生を防ぐ。リレー形式回路による突入電流防止対策も施している。タイマーパネルの裏側には、マグネットシートを装備し、スチール面に貼り付けることができる。電源コードのプラグはスイング式で、狭い空間でも壁面に沿って電源コードをキレイに配線が可能。電源プラグには、トラッキング火災を予防する絶縁キャップが付いている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます