ニフティ、会員対象の「@nifty レンタルサービス」でiPadの取扱いを開始

2014.2.6 18:9配信
レンタルを開始したiPad Air(左)とiPad mini

ニフティは、2月5日、「@nifty」会員を対象としたデジタル機器のレンタルサービス「@nifty レンタルサービス」で、アップルのタブレット端末、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad Airの取扱いを開始した。

対象ユーザーは、「@nifty光ライフ with フレッツ」と「@nifty auひかり」の利用者。サービス加入との同時申込みも受け付けている。

レンタル機種は、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad Airの、いずれもWi-Fi 16GBモデル。利用開始から24か月間、本体の修理サービスとアップルの専任スペシャリストによる電話でのテクニカルサービスを利用できる「AppleCare+ for iPad」が標準で付属する。

最低利用期間は機器到着翌月から24か月間で、最長利用期間は、機器到着翌月から48か月間。最低利用期間満了後は1か月ごとに契約を自動延長する。最低利用期間中の解約には、別途契約解除料を支払う必要がある。

iPadの取り扱い開始に伴い、機器到着翌月から24か月間のレンタル料金を割り引く「レンタル料金割引キャンペーン」を、2月5日~3月31日に実施する。

税別のレンタル料金は、「iPad mini Wi-Fi 16GB」が月額1740円で、キャンペーン価格は月額1円(24か月間)。「iPad mini Retina Wi-Fi 16GB」は月額2170円で、キャンペーン価格は月額480円(24か月間)。「iPad Air Wi-Fi 16GB」は月額2600円で、キャンペーン価格は月額980円(24か月間)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング