アーバンギャルド 撮影・ゆうゆっこ

4月8日、東京・中野サンプラザホールにて”10周年記念公演アーバンギャルドのディストピア 2018「KEKKON SHIKI」”が開催された。

今年でインディーズデビュー10周年を迎えるアーバンギャルドの「KEKKON SHIKI」の会場は”サブカルの聖地”・中野、”アイドルの聖地”・中野サンプラザホール。この日ばかりは”さよならサブカルチャーの聖地”、”病めるアイドルの聖地”になるのだろうか……?

会場にはセーラー服からウェディングドレス風まで様々な装いのアーバンギャルとアーバンギャルソン(※ファンの総称)で溢れ、開演前には浜崎容子(Vo)による注意事項がアナウンスされ、「アナタはどんな人生をひとりで歩んできましたか? これからはひとりじゃありません。病める時も、健やかなる時もアーバンギャルドは一緒です。アーバンギャルドの『KEKKON SHIKI』、間もなく開演です」と締められた。

アーバンギャルド・浜崎容子(Vo) 撮影・ゆうゆっこ

程なくして客席の照明が消えステージの幕が上がる。中央には真っ赤な階段、その両脇に設置された金網の中には数多の机と椅子が打ち棄てられている。まるで、誰かの青春みたいに。

電子音の『結婚行進曲』をバックに最初にステージに現れたのは松永天馬(Vo)、聖書を片手に「本日は、我々、そして貴方のKEKKON SHIKIにご来場いただき、誠にありがとう、いや、おめでとうございます」と挨拶。松永の呼び込みにより、おおくぼけい(Key)、瀬々信(G)が登場し、誓いの言葉を述べていく。

そして最後に赤く染まったウェディングドレスを纏った浜崎へ「バンドと末永く共に歩むことを誓いますか?」と松永が問いかける。スクリーンには”血痕式”と映し出され、「誓いません! ……なんて嘘です」と浜崎。巨大な”血の丸”がステージに登場し、「10年間待たせてごめんね」という松永の言葉から、『ワンピース心中』でライブはスタート。

続いて『スカート革命』、『水玉病』が繰り出され、『自撮入門』では撮影可の時間が設けられる。客席いっぱいにスマートフォンが掲げられる中、ステージの上手下手から花道まで勢い良く跳ねまわる松永とおおくぼ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます