アサヒ飲料、飲料メーカー初のWi-Fi搭載自動販売機、周辺を無料のWi-Fiスポットに

2011.12.28 18:44配信
Wi-Fi搭載自動販売機(イメージ)

アサヒ飲料は、アサヒカルピスビバレッジが展開する自動販売機に無料ワイヤレス通信サービス「FREEMOBILE」を搭載し、自動販売機周辺を無料のWi-Fiスポットにする展開を2012年に開始する。飲料メーカーとして初の試み。

Wi-Fi搭載自動販売機は、屋内外問わず、公共施設や商店街、交通拠点など多くの利用者が見込めるロケーションを中心に展開を予定。仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを中心として、順次全国へ拡大していく。初年度は1000台を目標に展開し、5年以内に1万台超への拡大を目指す。

タケショウが運営する「FREEMOBILE」専用ルータを搭載し、自動販売機を中心に半径50m程度の範囲がWi-Fiスポットとなって、無料の高速インターネット接続を提供する。登録不要の「FREEMOBILE」と、メール認証による登録が必要な「FREEMOBILE_SECURE」のどちらかを利用できる。

セキュリティ対策は、WPA2-PSKによる暗号化を採用。30分間の連続接続が可能で、接続が切断した後に再接続することもできる。また、Wi-Fi搭載自動販売機1台で、数十台のWi-Fi対応機器の同時接続に対応する。

Wi-Fi搭載自動販売機を設置する側では、通信サービス提供のための導入コストやランニングコストを負担する必要はなく、初期設定や運用・保守も不要。

ルータ内に商品情報や地域情報などのコンテンツを保存し、Wi-Fi接続時に画面に表示する「リダイレクト機能」を利用して、設置先店舗の広告や地域の公共施設からの情報を表示するなど、PRや地域活性化に役立てることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング