BenQがプロジェクター「TK800」を発売へ

ベンキュージャパン(BenQ)は、ホームエンタテインメント向けプロジェクター「TK800」の販売を4月27日に開始する。価格はオープンだが、税込みの実勢価格は15万円前後。

830万ピクセルによる4K UHD解像度と3000ルーメンの高輝度によって、驚くほど鮮明な画質を実現しているほか、新たに搭載した独自開発の「フットボールモード」によってスタジアムでスポーツ観戦にいるかのようなリアル感を演出。スピード感のある動きや選手のプレイ映像、生き生きとした肌の色調、芝生の青緑色を忠実に再現している。さらに、「フットボールサウンドモード」では、屋外スタジアムで応援している観客の賑わいとアナウンサーの解説が明確に聞こえる。

「スポーツモード」も搭載し、現実的な木目の色調と鮮やかな赤を強調しながら、アナウンサーの明確な声を再現する音響品質と、屋内スポーツならではの、床に擦れるスニーカーの音、レフリーホイッスル、スケート下の氷削りなど、迫力の音を肌で体感できる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます