デノン初のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「DA-300USB」、スペシャルサイトでは発売記念キャンペーン

2014.2.12 13:55配信
DA-300USB

デノンは、同社として初のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「DA-300USB」を、2月21日に発売する。税別価格は5万7500円。発売に伴って、「DA-300USBスペシャルサイト」を開設した。

CDプレーヤーのフラッグシップ「DCD-SX1」と同世代のDSD対応USB-DAC機能を搭載したヘッドホンアンプ。PCのクロックを使用せず、本体のマスタークロックで制御するアシンクロナス転送によって、ジッターフリー伝達を実現する。

DSD入力は2.8MHz/5.6MHzで、伝送方式はASIOドライバによるネイティブ再生とDoP(DSD over PCM Frames)に対応。PCM入力は最大192kHz/24ビットまで対応し、PCM入力信号をCDの音声同様のビット拡張&データ補完によるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」によってオーバーサンプリング、ハイビット化する。

「Advanced AL32 Processing」の効果を最大限に生かす192kHz/32ビット対応D/Aコンバータを採用。各チャンネルを差動出力・合成することで、S/N比とダイナミックレンジを大幅に改善し、より精度の高いデジタル/アナログ変換を行う。

電圧増幅段には、ハイスピード、ローノイズな高速オペアンプ、出力バッファにはディスクリート回路によって、ヘッドホンのパフォーマンスを十分に引き出す。出力インピーダンスは32Ωで、幅広いヘッドホンに対応する。

ディスプレイには視認性にすぐれた有機ELパネルを採用。縦/横置きの両方ができる。

音声入力端子は、USB×1、光デジタル×2、同軸デジタル×1。音声出力は、アナログ音声出力×1、ヘッドホン出力(直径6.3mmのステレオ標準ジャック)×1。対応OSは、Windows 8/7/Vista、Mac OS X 10.6.4以降。サイズは、縦置き時が幅114×高さ175×奥行き182mm、横置き時が幅170×高さ57×奥行き182mmで、重さは1.5kg。

「DA-300USBスペシャルサイト」では、「DA-300USB」のコンセプトやさまざまなライフスタイルでの活用イメージ、Hi-Fi設計のフィロソフィ、Hi-Fiオーディオから継承したテクノロジーを紹介。開発にあたってエンジニアが込めた思いや開発段階のエピソードを語る。

2月7日~3月31日23時59分には、「DA-300USB」を購入して応募したユーザーを対象に、AudioQuestの高音質USBケーブル「USB Carbon 0.75m」を抽選で10名にプレゼントする発売記念キャンペーンを行う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング