毎回さまざまな男女のペアで上演される朗読劇『私の頭の中の消しゴム 10th letter』が4月27日(金)より東京・よみうり大手町ホールにて上演される。

【チケット情報はこちら】

2010年5月26日に初演の幕が開き、今回で10回目を迎える朗読劇『私の頭の中の消しゴム』。ふたりだけのキャストで織り成す2時間の朗読劇は、ハンカチなしでは観られない号泣ラブストーリーとして人気を博し、これまでに出演したペアは76組を超える。上演に際し、5月4日(金・祝)15時、5日(土・祝)19時の回に出演する別所哲也、紫吹淳ペアからコメントが寄せられた。

「朗読劇『私の頭の中の消しゴム』記念すべき10回目の公演!おめでとうございます。そしてその記念公演に参加できること本当に光栄です。僕の役者人生に大きな衝撃を与えてくれたこの作品に自分自身の経験を重ね、また再会できることの喜び!運命かどうか、わからないですが、そこにある出会いと偶然を、確信にしていくこと。そして自分自身の生き様にしていくこと、そしてその源にあるものは、やっぱり愛と情熱だ!ということ。それを教えてくれたこの作品に心から感謝しています。ありがとうございます!」(別所哲也)

「この作品の初演に出演させて頂き、今回が3回目の出演です。記念すべき10回公演に参加できます事を光栄に思います。台本を頂いて、お稽古から本番まで何度涙した事でしょう。ふたりが出会い記憶を失うまでのふたりは本当に面白く楽しい会話が多く、記憶を失い始めてからの会話からは愛が溢れています。悲しく、辛いかも知れません、でも愛がいっぱい詰まった究極のラブストーリー。素晴らしい愛に満ちたお話を是非観にいらして下さい」(紫吹淳)

公演は、4月27日(金)から5月6日(日)まで東京・よみうり大手町ホール、5月12日(土)から13日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます